東京消防庁剣道部会の歴史




京消防庁剣道部会の始まりは、
戦後剣道の解禁の機運が全国的に高まりつつある時機を同じくして、
昭和26年頃から剣道愛好家の間で土曜日を定例稽古とする
「剣道復活」の活動が始まりました。


指導者研修会に参加される先輩方。岸記念体育館にて。
<指導者講習会に参加される先輩方>
審査される先生方。
<審査される先生方>
かつての試合風景。二階からも身を乗り出して、応援している人もいます。
<かつての試合風景>

松尾延夫先生
松尾延夫先生
初は仲間や愛好者で始まった定例稽古会ではありますが、
昭和28年10月1日現在の剣道部会の前身である「東京消防剣友会」が消防総監を顧問に、
総務部長を会長として発足、剣道が公務として位置づけされたのを出発点に、
松尾延夫先生(範士八段・当時にあっては六段)を昭和29年に剣道教官として迎え、
益々盛んになっていきました。
松尾延夫先生(範士八段・当時六段)の美しい型と、それを凝視する剣士達。
<松尾延夫先生(範士八段・当時六段)の美しい型>

はまだまだ物不足の時代であり、練習会場や防具の調達等厳しい実情でありましたが、
各方面の理解あるあたたかい協力と会員の努力の甲斐もあり少しずつではありますが
練習環境が改善され年月を経て現在に至っています。

気迫に満ちた試合会場。面一発入りました!
<気迫に満ちた試合会場>
第47回大会での鬼気迫る一枚
<第47回大会での鬼気迫る一枚>
一瞬の太刀裁き
<一瞬の太刀裁き>
現在の試合風景。今や試合も8試合が同時に開催できるような、広い会場で行われることもあります。
<現在の試合風景>

精神力の強さも、己を穏やかな雰囲気に置くことで可能となる。
お金で得られるものではありません。